1.競合分析が必要な理由

“競合サイト”を把握していますか?

みなさんは、競合だと思っているホームページをなぜ、競合だと感じるのでしょうか。何を根拠に競合だと思っていますか?
「同業だから」「売れていそうだから」「よく広告を見かけるから」「ターゲットが似ていると思うから」「検索エンジンで1位に居るから」 など競合を図る物差しは人それぞれですが、どれもとても不確かな根拠ではないでしょうか。

しかし、実際に競合分析をしてみると検索エンジン1位の競合だと思っているサイトと3位の自社サイトではさほどPV数に違いはありません。更に、おもしろい事にコンバージョン率は自社サイトの方が高い事もあるのです。

では、何を根拠に競合だと位置づけるのでしょうか。本当に競合だと思っているサイトは「競合」なのでしょうか。

「勝てるサイト」にする為には、敵を知る事が大切です。その、敵はいったい何処なのか。

競合分析は、まずは「自社の敵はどこなのか」を調べる事からはじめましょう!

多くのWEB担当者が抱える悩み

これまでクレセントが担当したサイトのWEB担当はこの様な悩みを抱える方が殆どでした。

• 売上が上がらない
• 申込みが来ない
• 問合せが来ない
• 競合の売上はどれぐらいだろうか。
• 競合のPV数はどれぐらいだろうか。
• 競合はどうやって売上を伸ばしているのだろうか。

この様にどうしたらPV数が上がり売上が向上するのだろうかとWEB担当者は常に考えています。

[図1]競合サイトについての理解度調査(2013)

しかし、自社の事は解っても競合の事は解らない事が多く様々なツールを屈指して競合を知ろうとしますがみなさん「解ったつもり」になっている事が多いのです。

競合サイトを勘違いしやすい理由

◆大手サイトばかりを競合だと思い込んでいる

大手企業を競合に選ぶと勝ち目はありません。そもそも資本力が異なる事もありベンチマークに適していない場合が多いのです。自社の身の丈にあった競合選びをする事が大切です。

◆自社よりも小規模な企業を見ていない

企業規模により自社よりも目立っていない企業は競合から排除していませんか?成長率やバックボーンなどを加味して動向を追うこれも一つのベンチマークになりえます。小さい企業を競合だと見下して気が付いたら自社よりも大きくなっていたという話はよく聞く話です。

◆同業種ばかりを比較対象にしている

たとえば、カーペットを売っているサイトはカーペットを売っているサイトばかりを競合だと思いがちですが「家具」や「雑貨」などユーザーがカーペットを購入するのに一度は訪れた事のある様な他業種のサイトも競合になるえる場合があります。家具・インテリア・雑貨の中にはカーペットもカテゴリとして存在しているからです。
この様に、同業種だけを競合と考えず広い視点で競合探しをする事が大切なのです。

◆根拠なく感覚的に競合だと思い込んでいる

競合とは、取り扱っている商品はもちろんの事、数字面(PV数やUU数等)やターゲット属性(年齢、性別、地域)などがとても近くベンチマークとして動向を見たり、ユーザーインターフェースなどを参考にしやすいサイトだと言えます。しかし、ほとんどの人がこの数値面やターゲット層などを把握していないケースが多いのです。根拠が曖昧で感覚的に競合だと決めつけている事が多い為、ベンチマークを行っても自社サイトに反映していくことがとても難しいと言えます。

勝つために、まずは「敵」を知ろう!

2.競合分析で解ること

クレセントの競合分析では、下記の様な内容を調査しレポートします。

◆他社を数字面から検証
◆他社のユーザビリティを検証
◆他社のコンテンツを検証

[分析詳細]

• 競合他社のPV数 (月間・年間)
• 競合他社のユーザー属性 (年齢・性別・アクセス地域)
• 競合他社の流入キーワード (キーワード別流入ボリューム)
• 競合他社のヒューリスティック評価
  (デザイン性・コンテンツ機能性・ユーザビリティ・ナビゲーション等)
• 競合他社のSEO対策、PR対策
• 競合他社と自社比較
• 自社の問題点の洗い出し
• 自社の改善点の提案

3.分析結果の活用方法

競合分析をする事で、自社の問題点を把握する事が出来るようになります。その結果を、自社サイトに反映する事で「勝てるサイト」を作り上げられるのです。

売上アップの為のサイトリニューアル、売上アップの為のサイトの部分改修、ランディングページのA/Bテストへの活用、キーワードの選定、再設定など、問題点の改善し競合に勝つための準備に活用する事が出来ます!

事例

競合分析事例 N社 事例
競合分析事例 N社

サイトの売上が低迷している中、競合サイトの動きが気になる様になりました。
競合のPV数やユーザー属性などを知りたくても自分では調べる事が出来なくて調べる事が出来るツールも沢山ありますが、調べたところで何がなんだか結果を見てもどの様に自社サイトに反映させていけば良いのか解らなかったんですがCRESCENTさんに競合分析を依頼したところ、競合の強みや弱み自社の強みや弱みが見えて、その上自社の分析や方向性などをしっかり指摘して頂けたのでリニューアルや改修時にとても役立ちました!

分析調査に基づいてサイトをリニューアルしたところ、低迷していた売上が前年比の2.5倍に跳ね上がりとても満足しています!競合分析して良かったです!

競合分析事例 F社 事例
競合分析事例 F社

ランディングページでPPC広告を行って売上を上げて行こうとしてましたが全く望んだ結果にならず、社長には怒られてばかりでどうしたらいいのか頭を悩ませていました。他社がどうやっているのかと言うのを自分自身で調べてそれを真似しながら運営していたのですが、自社のカラーに合ってなかったのか根本的な事が解ってなかったのか、全然うまくいかなくて毎日仕事が辛かったです(笑)

そんな中、サイトリニューアルをする事になって「どうしたら今よりも良いものを作れるのか」と考えたときにCRESCENTさんの競合分析をサイトで見つけて依頼しました。

そもそも、競合だと思っていたサイトとは全く異なるサイトが競合だと解り、自社サイトの方向性をバッチリ固める事が出来ました。

まだ売り上げは目標値には届いていませんが、少しづつ成果が出始めていて依頼してなかったら今頃僕は会社を辞めていたかもしれません(笑)感謝しています!

クレセントは経験を生かした分析で、お客様に満足頂けるよう活動しています。

費用はいくらかかるの?

クレセントではサイトの大きさにかかわらず料金を一律で行なっています。
更に今だけ3割り引きのキャンペーン中ですので是非ご相談ください。
また、ご満足いただけないようでしたら半額返金致します。※1

※1 ご満足いただけなく、半額返金をご希望の方は、レポートは提出できません。

分析までの流れ

料金の他社との比較

クレセントでは適正価格でお客様にサービスをご提供できるよう日々料金の調整を行なっています。

競合分析料金の他社との比較
まずはお試しちょこっと分析をしてみよう

競合分析を依頼する

お申込みから分析結果がでるまでのフロー

競合分析フロー ※調査内容にご満足頂けなかった場合は残金のお支払は頂きません!

ご依頼・お問合わせフォーム

区分
ご依頼・お問合せ内容
 競合分析について
 ちょこっと分析について
社名(屋号) 例)株式会社クレセント
社名フリガナ 例)カブシキカイシャクレセント
担当者名 例)山田太郎
担当者フリガナ 例)ヤマダタロウ
メールアドレス 例)aaa@aaaa.aa.aa
確認用(上記メールアドレスと同じものをご入力ください。)
電話番号 例)090-1234-5678
希望連絡方法  メールでの連絡を希望します。  電話での連絡を希望します。
お電話可能なお時間 例)7月1日14時頃、7月3日13時以降
調査・分析対象ページURL 例)http://crescents.jp/
意識している競合ページ
例)http://crescents.jp/
ご依頼・お問合せの具体的内容
(サイト運営に関するお悩みがございましたら、ご記入下さい。)

■当社が取扱う個人情報について

当社では「個人情報保護方針」に基づき個人情報の適切な保護に取り組んでいます。当社が事業の用に供するために取得し、または保有する個人情報について、以下の通りお知らせいたします。

(1)個人情報の取扱事業者の名称

株式会社 Crescent
〒102-0093 東京都千代田区平河町二丁目4番7号 清瀬会館ビル6F

(2)個人情報の管理者およびその連絡先

個人情報保護管理責任者 代表取締役
TEL 03-5276-4448 / FAX 03-5276-4449

(3)個人情報の利用目的

当社が事業活動において取得し、または保有する個人情報の利用目的は、次の通りといたします。

直接書面により取得する場合の個人情報の利用目的

◆当社の営業に関するご案内・業務連絡・情報発信のため
◆お問い合わせに対応するため
その他、個別に書面で明示したとおりの利用目的とします。

直接書面取得以外で取得する場合の個人情報の利用目的

◆受託した業務の遂行およびその契約履行のため

なお、上記の利用目的の達成に必要な範囲内で、当社の関係会社、取次店、取引先などに委託することがあります。
ご提供いただいた個人情報に関して、第三者に提供することはございません。

(4)個人情報に関するお問い合わせ窓口

個人情報の取扱いに関する苦情の申し出先; TEL 03-5276-4448 / FAX 03-5276-4449
個人情報の開示等の求めに対する申し出先; TEL 03-5276-4448 / FAX 03-5276-4449

(5)所属する認定個人情報保護団体の名称および苦情の解決の申し出先

なし

(6)ご本人の権利の尊重

当社に対する個人情報のご提供は、お客様の任意のご意思によります。ただし、お客様が個人情報のご提供を拒否された場合、当社は、上記「個人情報の利用目的」に記載の各種サービスのご提供やお問い合わせ等のご対応ができない場合がございます。また、これによりお客様が被った損害(逸失利益を含む)、不利益等について、当社は何らの賠償責任等を負いません。

(7)開示等の手続について

当社では、開示対象個人情報に関して、ご本人の情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止)を希望される場合には、お申し出いただいた方がご本人或いはその代理人であることを確認した上で、合理的な期間及び範囲で回答、情報の訂正、追加又は削除、利用停止、消去をします。
ただし、これらの情報の一部又は全部を利用停止または消去した場合、不本意ながらご要望に沿ったサービスの提供ができなくなることがあります。
(なお、関係法令に基づき保有しております情報については、利用停止または消去のお申し出に応じられない場合があります。)

【開示等の受付方法・窓口】

当社では、開示対象個人情報に関して、ご本人の情報の開示等のお申し出は、以下の方法にて受付けます。なお、この方法によらない開示等の求めには応じられない場合がありますのでご了承下さい。

【受付手続】

下記の受付窓口まで、当社所定の「開示等に関する請求書」を記入の上、必要書類を同封して送付にてお申し込み下さい。(送付料は請求者のご負担となります。)
下記方法により、ご本人(または代理人)であることを確認した上で、書面の交付により回答いたします。

■個人情報相談窓口

住所 〒102-0093
東京都千代田区平河町2丁目4番7号 清瀬会館ビル6F
電話 03-5276-4448
FAX 03-5276-4449
Email privacy@crescents.jp
申込方法 所定の「開示等に関する請求書」に必要事項を記入の上、本人確認書類または、代理人の場合は代理権限確認書類と共に受付窓口へ送付してください。(手数料はかかりません。)
ご本人確認方法 (本人)運転免許証、健康保険の被保険者証等の公的証明書のコピー
(代理人)運転免許証、健康保険の被保険者証等の公的証明書のコピーと委任状
*本籍地等の機微情報は除く。

個人情報保護方針に同意します。 ラピッドSSL ロゴ画像